前へ
次へ

弁護士の持つバッチとは

弁護士バッチの正式名称は弁護士記章(日本辯護士連合會員章)といい、ひまわりの花の形をモチーフとしたデザインで、中央に秤が描かれています。ひまわりの花の意味は自由と正義、秤の意味は公正と平等です。裏側には『日本辯護士連合會員章』と登録番号、また材質の『純銀』、製造元の『造幣局』が刻まれています。純銀に金メッキが施されているためメッキが剥げ、金色から銀色へバッチの色が変わっていきますが、変色の心配のない特注の純金製のバッチもあります。しかし純金製を使用しているのはごく少数で、ほとんどの弁護士は純銀に金メッキ製を使用しています。メッキが剥げて、銀の地金が見えることでいぶし銀と呼ばれ、ベテランの証にもなるため好まれているようです。バッチは弁護士登録時に日弁連より貸与され、登録を抹消する際には返還しなくては行けません。

Page Top