前へ
次へ

司法試験合格イコール弁護士資格ではない

弁護士を目指すのであれば必ず突破しなければならないのが司法試験です。しかしあらゆる資格の中でも最難関と言われる司法試験での合格率は20%前後とかなり低いのです。受験資格を得るのも大変で法科大学院を受講し修了するか、予備試験に合格しなければならないため、ある程度法学知識のない人は受験すら出来ません。その中から合格率20%台というのがいかに厳しい関門であるかお分かりいただけると思います。司法試験で合格すれば即、弁護士資格を得られると勘違いをしている人もいらっしゃいますが、司法試験合格はあくまで司法修学生として資格を得るためのチケットを手に入れただけに過ぎません。司法試験合格者はそこから法律関係事務を一定期間従事して、そこから法務大臣が認定する日本弁護士連合会の行う研修を修了し、審査を通過して初めて弁護士となる訳です。あらゆるハードルが高く難関であると言えます。

Page Top