前へ
次へ

相続税に関する専門家への相談について

平成27年から相続税の基礎控除額がこれまでと比べて大幅に削減されることとなったため、相続税対策に頭を悩ませている人も多いことでしょう。特に地価の高い首都圏などで不動産を所有する世帯を中心に大幅に相続税の納税対象となる世帯が増えるといわれています。適切に相続税対策を行うには、税の専門家である税理士に相談をするとよいでしょう。税制は複雑な要素があるため、きちんと専門家の指示に従って対策を取らないと相続時に税務署からの指摘が入り思ったような節税効果が得られないといった可能性もあります。また、一口に税理士といっても必ずしも相続業務の実績があるとは限りませんので、相続対策に実績のある税理士に相談をするのがよいでしょう。

Page Top